ケース1:お葬式での服装に関するワンポイントアドバイス

お葬式では黒い服を着るのが一般的だとされており、肌の露出も極力控えるべきだと言われています。これは多くのマナーブックに記されていることで、日本全国どこの地域でも共通する常識だと言えるでしょう。お葬式の際の服装と言えば喪服ですが、喪服にも様々な種類があります。特に女性のものであれば、ワンピースやツーピース、パンツスーツなどいくつものタイプがあり、デザインも幅広く展開しています。喪服の選び方としてお勧めなのが、夏でも冬でも着られるタイプのものを選ぶことです。たとえば半袖のワンピースとジャケットがセットになっているものであれば、年間通して着ることができます。喪服は普段着に比べて高価格の傾向にありますが、着る機会はそれほど多くはないものなので、一着で着回せるものを選んでおくと、経済的な負担も少なくて済みます。また普段ネイルをする人の場合、急なお葬式に困ることもあるでしょう。いくら爪先とは言え、華やかなネイルはお葬式にはタブーです。そういう人には、黒い手袋がお勧めです。一組用意しておくと、どんなネイルでも自然に隠すことができるので安心です。

繝帙せ繝医け繝ゥ繝悶ッ繝繧」繝シ繝励げ繝ォ繝シ繝励′繧「繝繧、シー螟ァ髦ェ]

鬆大シオ繧九≠縺ェ縺溘r蠢懈抄シ√Λ繧、繝悶メ繝」繝繝

莠コ豌励ョ莠、髫帙け繝ゥ繝悶→縺縺医ー髱貞アア繝励Λ繝√リ繧ッ繝ゥ繝

螟ァ髦ェ繧ィ繝ェ繧「縺ョ繧「繝ォ繝舌う繝域アゆココ縲ゅヰ繝ャ縺ェ縺鬮伜庶蜈・縺ョ遞シ縺取婿

繝ャ繧、繝怜・ス縺阪↓縺ッ縺溘∪繧峨↑縺繧「繝繝ォ繝茨シ繧ィ繝ュ蜍慕判繧ウ繝ウ繝繝ウ繝驟堺ソ。シシ